メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

明治から続く毎日新聞の社説は、連日論説委員が議論を交わしてテーマを決めます。ニュースの経緯を理解するにも役立ちます。

  • 検事長の定年延長問題 これでも法治国家なのか

     法律の解釈を恣意(しい)的に変える。それが法治国家のすることだろうか。 安倍政権が黒川弘務・東京高検検事長の定年を延長した問題は、さらに疑問が深まっている。 …

  • 70歳雇用の改正法案 安心できる環境作れるか

     70歳までの雇用確保を企業に求める高年齢者雇用安定法などの改正案が、今国会に提出された。雇用確保の対象を65歳から引き上げる。 少子化の進行で、将来にわたる人…

  • 籠池夫妻に有罪判決 「森友」の本質置き去りだ

     疑惑は解明されず、問題の本質が置き去りにされた。 森友学園を巡る補助金詐欺事件の判決が大阪地裁であり、前学園理事長の籠池泰典被告と妻諄子被告に有罪判決を言い渡…

  • 首相答弁に食い違い このままでは信用できぬ

     安倍晋三首相の国会答弁の信用性が問われる事態である。 毎年の「桜を見る会」の際に首相の後援会が東京都内の高級ホテルで開いてきた「前夜祭」をめぐり、新たな問題が…

  • 肺炎で全人代延期へ 強権の弊害を見直す時だ

     中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)が新型コロナウイルスの感染拡大のため、延期される見通しになった。1998年以降、3月5日開幕が恒例だった。予算や政…

  • 新型肺炎の国内対応 重症者対策にかじ切る時

     政府の専門家会議は新型肺炎の現状について「国内発生早期」の段階にあるとの見方を示した。 国内の複数の場所で感染連鎖が見つかっている現状に照らすと、国内流行が始…

  • GDP大幅マイナス 消費悪化の連鎖が心配だ

     昨年10~12月期の国内総生産(GDP)は実質で年率6・3%減と大幅なマイナス成長に陥った。昨年10月の消費増税に伴い、GDPの約6割を占める消費が落ち込んだ…

  • 日鉄の呉製鉄所閉鎖 地域への打撃を抑えたい

     「鉄は国家なり」とうたわれた巨大産業の苦境がここまで来たかとの印象だ。国内鉄鋼最大手の日本製鉄が2基の高炉を持つ広島県の呉製鉄所を2023年9月末までに閉鎖す…

連載

社説を読み解く

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  2. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  3. ファクトチェック 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 新型肺炎、高齢者や持病ある人に高い致死率 対策難しい無症状の人からの感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです