メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

毎日新聞1面の看板コラム。

  • ヒトゴロシイロイロ…

     ヒトゴロシイロイロ。物騒な語呂合わせで年号を覚えた人もいるだろう。1564年に生まれ、1616年に亡くなった英文豪のシェークスピアだ▲実際、大勢が殺される悲劇…

  • 和紙細工の「張り子の虎」は…

     和紙細工の「張り子の虎」は香川県の伝統工芸品だ。中が空洞のため、中身のない「見かけ倒し」の比喩に使われるのはご存じの通り。英語では「ペーパー・タイガー」と呼ば…

  • 江戸の昔である…

     江戸の昔である。夫の虐待を逃れて縁切り寺に駆け込もうとする女、寺まで来たはいいがすでに日は暮れ、門は閉じていた。後からは駆け込みを察した夫が追いかけてくる。さ…

  • 「宵」を辞書で引くと…

     「宵(よい)」を辞書で引くと「日が暮れて間もないころ」といった語釈の他に「祭りの前夜」とある。江戸の昔、「花の宵」といえば花見の前夜のことで、一家そろっての翌…

  • 国会で首相のヤジがやまない…

     国会で首相のヤジがやまない。もはやうっかりではないのだろうとさえ思えてくる。一昨年は秘書官まで尻馬に乗りヤジを飛ばした。演説を書く側近なので「首相と一心同体の…

  • 「ヒトほどの大きさで…

     「ヒトほどの大きさで、シカの頭と長い尾があり、鳥のように後脚で立つが、カエルのようにはねる動物」。17世紀、東インド会社の船で帰国したオランダ人の報告を、周囲…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. サッカーキング リュディガー、トッテナムファンの反応に失望「人種差別が勝利した」

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 日本酒の化粧水、女子高生コラボ 菊正宗、共同でデザイン /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです